本をひらけば、どこへでも。

本がだいすきな子にも、
本を読むの、ちょっと苦手だな…っていう子にも。
「読んでみたい」気持ちをおうえんする、
児童文庫レーベルです。

角川つばさ文庫とは

2009年3月創刊。
「次はどんな本を読もう?」そんな子どもたちの「読みたい気持ち」を応援する、KADOKAWAが発行する児童文庫レーベル。
KADOKAWAの持つコンテンツや読者を楽しませるノウハウを子どもたちのために駆使し、青春、冒険、ファンタジー、恋愛、学園、SF、ミステリー、 ホラーなど幅広いジャンルの作品を刊行しています。
レーベル名には、物語の世界を自分の「つばさ」で自由自在に飛び、未来をきりひらいてほしい。
本をひらけば、いつでも、どこへでも……
そんな願いが込められています。