未来のミライ

ストーリー



小さな庭に、小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃんのもとに、
生まれたばかりの妹がやってきます。
おとうさんもおかあさんも赤ちゃんにかかりきりで、
ちっとも自分を見てくれない。
さみしさでいっぱいのくんちゃんが出会ったのは、
未来からやってきた、妹のミライちゃんでした。
ちょっと変わったきょうだいの、
大きな冒険の始まりです!



登場人物


くんちゃん

甘えん坊の男の子、4歳。
妹が生まれたことにとまどう。


ミライちゃん

未来からやってきた、
くんちゃんの妹。
くんちゃんを時をこえた
冒険へ導く。


おかあさん

編集者。


おとうさん

建築家。


謎の男

「くんちゃんの
家の王子様」を
名乗っている。


  • 表紙:未来のミライ
    • 発売日 :
    • 定価 : 778円(本体720円+税)

    それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

    小さな庭に、小さな木の生えた小さな家。
    ある日、甘えん坊のくんちゃんのもとに、
    生まれたばかりの妹がやってきます。
    お父さんもお母さんも赤ちゃんにかかりきりで、
    ちっとも自分を見てくれない。
    さみしさでいっぱいのくんちゃんが出会ったのは、
    未来からやってきた、妹のミライちゃんでした。
    ちょっと変わったきょうだいの、大きな冒険の始まりです!

    細田守監督の書きおろし小説、つばさ文庫版!

    • 発売日 :
    • 定価 : 778円(本体720円+税)

    紙の本を買う

    電子書籍を買う