ねことじいちゃん 映画版

登場人物


大吉さん

だいきちさん

元小学校の先生。
奥さんを数年前に
亡くしてしまい、
今はタマと二人ぐらし。


タマ

6歳と7ヶ月の
オスねこ。



おはなし

小さな島でくらす、大吉さんとねこのタマ。
ふたりは、今日も一緒に散歩にでかけます。
そう、ここは、じーちゃんとばーちゃんと猫の町。





大吉さんの奥さんの「よしえさん」は、
数年前に、病気で亡くなってしまいました。
だれよりも、タマのことを好きだったよしえさん。
彼女がいないのは、大吉さんもタマもさみしいけれど、
だからこそ、お互いたいせつな相棒です。



春には満開の桜をながめ、
夏はみんなでクリームソーダ。
おいしいご飯たっぷりの秋に、
コタツであったまる冬。
島にめぐるうつくしい四季は、とても愛しくて豊かな時間。





でも、ある日、昔からの友だちの一人が、
体調をくずしてしまいます。
それを見た大吉さんは、
自分とタマに突然のお別れが来てしまわないか、
ちょっぴり心配になって…。






書籍情報


  • 表紙:ねことじいちゃん 映画版
    • 発売日 :
    • 定価 : 756円(本体700円+税)

    ねことじいちゃんの心温まる映画が小説になったよ!

    小さな島でくらす、大吉さんとねこのタマ。
    ふたりは、今日も一緒に散歩にでかけます。
    そう、ここは、じーちゃんとばーちゃんと猫の町。
    春には満開の桜をながめ、夏はみんなでクリームソーダ。
    おいしいご飯たっぷりの秋に、コタツであったまる冬。
    島にめぐる四季は、とても愛しくて豊かな時間。
    でも、ある日、昔からの友だちの一人が、
    体調をくずしてしまいます。
    大吉さんは、自分とタマに突然のお別れが
    来てしまわないか、ちょっぴり心配になって…。
    ずっと一緒に生きていく、一人と一匹のお話。

    • 発売日 :
    • 定価 : 756円(本体700円+税)

    紙の本を買う

    電子書籍を買う