早咲きの花 ぼくらは戦友

あらすじ



父親を亡くした小学6年の真次は、
東京から引っ越してきた。
新しい学校で、
幽霊を見に行ったり、

いじめっ子と戦ったり、
無人島で宝探しをして、
親友ができた!



ところが、太平洋戦争の兵器を作るため、
中学生も毎日、工場で働くことになった。
さらに、日本への空襲がはげしくなり、
爆弾が工場に落とされ、真次たちは……。





人物紹介


植松真次

うえまつしんじ

小学六年生。東京から愛知県の
おじいさんの
家に引っ越してきた。


達男

たつお

背が高くて、けんかが強い。
十人兄弟の五番目。


糟谷学

かすやまなぶ

すばしっこくて、体が軽い。


十郎

じゅうろう

六年一組のボス。
体が大きく、柔道が強い。


前田先生

まえだせんせい

真次の担任。
子ども思いのやさしい先生。




書籍紹介


  • 表紙:早咲きの花 ぼくらは戦友
    • 発売日 :
    • 定価 : 792円(本体720円+税)

    『ぼくらの七日間戦争』宗田理による戦争と友情を描いた感動作。

    父親を亡くした小学6年の真次は、東京からおじいさんの家に引っ越してきた。すぐには新しい学校になじめなかったが、幽霊を見に行ったり、いじめっ子と戦ったり、無人島で宝探しをして、親友ができた! ところが、太平洋戦争の兵器を作るため、中学生も毎日、工場で働くことになった。さらに、日本への空襲が激しくなり、多くの爆弾が工場に落とされ、真次たちは……。『ぼくらの七日間戦争』宗田理さんが伝えたい物語。

    • 発売日 :
    • 定価 : 792円(本体720円+税)

    紙の本を買う

    電子書籍を買う