うちの執事が言うことには

登場人物


烏丸花穎

からすまかえい

烏丸家第27代当主。
イギリス留学から帰国した
ばかりの18歳。


衣更月

きさらぎ

烏丸家の新しい執事。
鳳を尊敬する22歳。


烏丸真一郎

からすましんいちろう

花穎の父。
とつぜん当主を引退し、
鳳と旅にでる。


おおとり

花穎が信頼し、
衣更月があこがれる、
烏丸家の前執事。


赤目刻弥

あかめときや

旧家の子息で大学生。
パティスリー「アントルメ・アカメ」
のオーナー。



あらすじ

日本がほこる名門・烏丸(からすま)家の当主となった花穎(かえい)は、まだ18歳。
とつぜん引退を宣言し、ゆくえが分からなくなった父にかわって、急いで留学先のイギリスから帰国する。
家で待っていたのは、花穎がだれよりも信頼する執事・鳳(おおとり)ではなく、見知らぬ若い男だった……。
衣更月(きさらぎ)と名のるその人物は、「自分が烏丸家の新しい執事だ」と言うが、どうやら花穎のことを、主人と認めていないようで——!?


このコンビ、相性サイアク!?



書籍情報


  • 表紙:うちの執事が言うことには
    • 発売日 :
    • 定価 : 778円(本体720円+税)

    2019年5月実写映画公開! 主人&執事コンビの上流階級ミステリー!

    日本がほこる名門・烏丸家の当主となった
    花穎は、まだ18歳。
    とつぜん引退を宣言し、
    ゆくえが分からなくなった父にかわって
    急いで留学先のイギリスから帰国する。
    家で待っていたのは、
    花穎がだれよりも信頼する執事・鳳ではなく、
    見知らぬ若い男だった……。
    衣更月と名のる、その人物は、
    自分が烏丸家の新しい執事だ、と言うが、
    花穎のことを、主人と認めていないようで――!?

    若き主人と新米執事。
    息の合わない<不本意コンビ>がつくりだす、
    上流階級ミステリーが角川つばさ文庫に登場!

    • 発売日 :
    • 定価 : 778円(本体720円+税)

    紙の本を買う

    電子書籍を買う