あらすじ


東乎瑠(ツオル)帝国にとらわれ、岩塩鉱で奴隷となったヴァン。
ところがふしぎな黒犬の群れにおそわれ、謎の病気が流行してしまう。
ひとり病気から生き残ったヴァンは、逃げる途中、幼い少女をひろい、ユナと名づけて育てることに。
一方、若き天才医術師ホッサルは、その病気が、伝説の病「黒狼熱(ミッツアル)」だと考え、治す方法を見つけるため、ヴァンを探そうとするけれど!?
ヴァンとユナの壮大な冒険がはじまる!!

第12回本屋大賞を受賞した冒険小説が、角川つばさ文庫に登場!


登場人物紹介


ヴァン

物語の主人公。
故郷のために
戦っていたけれど
東乎瑠帝国にとらわれ、
奴隷になっている


ユナ

ヴァンが拾った
元気な幼い
女の子


サエ

人探しをする
「跡追い狩人」の
達人


ホッサル

物語のもう一人の主人公。
オタワルの天才医術師


ミラル

オタワルの医術師で、
ホッサルの助手


マコウカン

ホッサルの護衛を
している


与多瑠

ヨタル

アカファを治めている
王幡侯の次男


王幡侯

オウハンこう

東乎瑠帝国の臣下で
アカファを治めている。
ホッサルの治療で命を
救われたことがある


迂多瑠

ウタル

オタワルの
医術師で、
ホッサルの助手


トマ

ケガをしていたところを
ヴァンに助けられた青年


アカファ王

アカファおう

東乎瑠に征服された
アカファの王


トゥーリム

アカファ王の重要な相談相手


リムエッル

ホッサルの祖父。
東乎瑠帝国の皇妃の
命を救ったことがある
伝説の医術師


スルミナ

アカファ王の姪で
与多瑠の妻


スオッル

〈谺主〉。〈ヨミダの森〉に住んでいる


トマソル

ホッサルの義兄


シカン

トマソルの助手


チイハナ

オタワル〈奥仕え〉の元締め


呂那

ろな

王幡侯が治める領土にいる
清心教の祭司医


真那

まな

王幡領の祭司医。
呂那の弟子


ロトマン

オタワル深学院の学院長


オゥマ

トマの父親


季耶

きや

トマの母親


那多瑠

ナタル

東乎瑠帝国の皇帝