発売日 :

今度はアリスが女王に!? 78のさし絵と大きな両面カラー口絵で名作を♪

新訳 かがみの国のアリス

ISBN : 9784046311085

  • 定価 704円 (本体640円+税)

【えーっ!! アリスが女王になるの!?】
【楽しい挿絵が78点! かくれんぼクイズ付きのミニポスターも!】
【物語についてもっとわかる! アリスのチェス教室も掲載!】
【シリーズ累計50万部突破】

●ここがポイント
(1)okamaの挿絵が78点も掲載! ポスターも!
本書にはかわいい挿絵が掲載されています。なんと、78点も!
さらに、かくれんぼクイズ付きのミニポスターも!


(2)さすが新訳!!
前作に引きつづき、今に息づく、美しい日本語でアリスが読めます。
むずかしくて読みづらいなんてこといっさいなし! そしてくずれた日本語でもありません。


(3)アリスが女王になる!? チェスについてのくわしい解説
物語の肝(きも)はなんといっても「アリスが女王になる」こと。
前作をお読みの読者のみなさんには、アリスがハートの女王になるのかとかんちがいされるかもしれませんが、“ふしぎの国”はトランプの国でしたが、“かがみの国”はチェスの国。(チェスはコマが鏡あわせにおかれます)
つまりこの物語ではアリスはチェスの女王(クイーン)に「なる」のです。
物語はチェスの棋譜にそって展開します。「アリスのチェス教室」や訳者あとがきでそれがくわしく解説されており、それがめちゃくちゃわかりやすいです!


(4)アリスの面白さはライム(韻(いん))
本作では、とくに詩の韻が大切に訳されています。ラストに掲載される美しい詩をもとにご説明しましょう。

 [な]つ 七月の 空【青く】、
 [つ]れだって船で遊べば、夢【多く】。
 [の]んびり川に流れる追【憶】――
 [ひ]っそりと身をよせあ《いて》、
 [ノ]ンセンスのお話、夢中で聴《いて》。
 [あ]きもせぬ三人の子が《相手》――

※【 】《 》で韻がふまれています。[ ]はつなげて読むことができます。

ちなみにこの詩の訳文がすごいのは、韻だけでなく、行頭の文字をつなげるとある一文がみえてきます。
近年ネットではやっている“タテ読み”を、百年以上も前のルイス・キャロルはすでにやっていたんですね。
「なつのひノあ」……。このあとどんな言葉が続くでしょう。本文でぜひお読み下さい。キャロルの思いが伝わって、切ないですよ。


(4)くわしい解説付き!
訳者あとがきでは、ほかにも物語が生まれたいきさつや、くわしい解説・裏話が読めます。
・この本が出版されたころ、実在のアリス・リドルが大恋愛していた相手とは?
・アリスが大人になるのを見まもる白の老騎士は、だれがモデル?
アリスファンならニヤリとしてしまうこと、まちがいなし!

紙の本を買う

電子書籍を買う