発売日 :

『ぼくらの七日間戦争』宗田理による戦争と友情を描いた感動作。

早咲きの花 ぼくらは戦友

ISBN : 9784046319296

  • 定価 778円(本体720円+税)

父親を亡くした小学6年の真次は、東京からおじいさんの家に引っ越してきた。すぐには新しい学校になじめなかったが、幽霊を見に行ったり、いじめっ子と戦ったり、無人島で宝探しをして、親友ができた! ところが、太平洋戦争の兵器を作るため、中学生も毎日、工場で働くことになった。さらに、日本への空襲が激しくなり、多くの爆弾が工場に落とされ、真次たちは……。『ぼくらの七日間戦争』宗田理さんが伝えたい物語。

みんなのかんそう

絶対泣ける話でしょ!あらすじ見たらわかる(泣)
いやー。今年は宝探しに地下迷路に今作に映画に....
ぼくらフィーバーですね!

  • 中学1年
  • まーさん

宗田理さんのぼくらシリーズは、意味深い何かがありますよね
宗田さんが何を伝えたいのか次の本も期待ですね!
ぼくらシリーズは、「ぼくらの七日間戦争」からみててすごく好きなので次の本も絶対読みます!
本当にオススメです!

  • 中学2年
  • マスカレード

宗田理さんの本は何を伝えてくれるんでしょうか。宗田理さんの本はとても深いものをいつも感じます。和やかな日々の中に戦争が与えた影響。実際に体験しないと分からない何かを伝えようとしてくれている気がします。是非読んだみたい一冊です。

  • 小学6年
  • はるるん

宗田理さんの新作かー!
見てみたいなぁ......

  • 小学5年
  • ふゆぽん

感動した!びっくりした!泣いちゃった!
読んだ本の感想を、下のフォームで、送ってくださいね♪

※感想は新しく送ってもらったものから30件、紹介するね。
みなさんのメッセージお待ちしています!

みなさんの注意点!

  • 感想は、心をこめてかいてください。
  • 読んでいなかったり、めちゃくちゃな感想は紹介できませんよ。
  • 感想は送ってからすぐにはホームページに紹介はされません。
  • 書いたら、字のマチガイがないか、もう一度読みなおしてね。
  • 感想に絵文字は使えないので注意してね。
  • ネタバレ注意!これから読む人に、犯人や事件解決がわからないように、気をつけてね。
  • 角川つばさ文庫のチラシや宣伝物で紹介させていただくことがありますよ。
  • さいごに、おうちの人に見てもらうと安心だね。
ニックネーム

ニックネームは、かならず決めてね。

学年
性別
感想

感想は、かならず書いてね。

感想に、使ってはいけない言葉が含まれています。書き直してみてね。

紙の本を買う

電子書籍を買う