あらすじ


わたし、花丸円(はなまるまどか)。
勉強が大のニガテで、特に算数はこの前のテストで7点をとるレベル……。
それでもがんばってきたのは、だいすきなママの期待にこたえたかったから。
──なのに、そのママが死んじゃって、心はまっくら。

もう勉強なんてどうでもいい。
毎日勉強してボロボロになった教科書を、ゴミすて場になげすてたんだ。

そしたら次の月曜日──
「オレたちは、お前がすてた教科書だ」
「自分がしたこと、わかってるな?」
なんと、なんと!
捨てたはずの算国理社の教科書が、4人の男子になってやってきた!?
しかも、彼らの寿命(じゅみょう)はわたしのテストの点数で決まっちゃうらしくて!?



キャラクター紹介


花丸円

はなまるまどか

小5。努力しても、なかなか
成績があがらないことが、なやみ。


算数ケイ

さんすうけい

小5。算数の教科書から生まれた、
言動が少しきつめの男子。


国語カンジ

こくごかんじ

小5。国語の教科書から生まれた、
やさしくて頼りになる男子。


理科ヒカル

りかひかる

小5。理科の教科書から生まれた
男子。動物や植物が大好き。


社会レキ

しゃかいれき

小5。社会の教科書から生まれた
男子。歴史や地理にくわしい。


成島優

なるしまゆう

円の親友。学級委員長を務める、
いつも100点の優等生。