編集部からのお知らせ

今夜放送! 細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』の原作小説がつばさ文庫で読めるよ!

 
今夜7月2日(金)放送!
スタジオ地図が贈る細田守監督の超人気作、
映画「おおかみこどもの雨と雪」の原作小説が、つばさ文庫で読めるよ!

小さな家族の秘密と幸せ。涙あふれる12年の物語。
本も映画も、ぜひ楽しんでね♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~あらすじ~
お母さんの「花」、雪の日に生まれた姉の「雪」、
そして雨の日に生まれた弟の「雨」の三人家族には人には言えない秘密があった。
二人の子どもたちのお父さんは、じつは、おおかみおとこだったのだ…。
小さな家族の大きな幸せの物語!

©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 
そして、細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』
7月16日(金)から全国ロードショー!


つばさ文庫からは、イラストとふりがながついた、映画の原作小説が発売中だよ!

読んでから観ると、さらに映画を楽しめること間違いなし♪
映画の公開を楽しみに、ひと足先に小説で楽しもう!




~『竜とそばかすの姫』あらすじ~
17歳のすずは、いつも教室の隅にいる目立たない女の子。
ある出来事から大好きな歌が歌えなくなってしまった。
親友のヒロちゃんに誘われ参加したのは、
"もうひとりの自分"を生きられるネット世界〈U〉。
「この世界でなら歌える――!」
〈U〉の歌姫"ベル"として世界中から注目されるなか、
背中に傷を負った謎のモンスター・竜と出会う。
乱暴で嫌われもの、でもどこか寂しそうな竜と、
すずは心を通わせていくが、二人を引き裂くピンチが……!?
歌に導かれ"ほんとうの自分"を見つける物語!

©2021 スタジオ地図